第33回「佐藤栄作賞」募集のお知らせ

  • 2017年01月30日

第33回「佐藤栄作賞」論文の募集を開始しました。本国際コンテストには、国際連合大学と論文のテーマに関心を有する者であれば年齢、国籍、職業を問わず誰でも応募可能です。

第33回論文テーマは以下の通りです。


「世界の人口動態に構造的な大変化が進行している。世界人口全体はなお増加を続けるが、ますます多くの国・地域は少子高齢化が急速に進展し、人口減少にも直面している。豊かになる前に高齢社会に突入することを懸念する国がある一方で、仕事のない若者人口が急増する国もある。それは社会的、政治的、さらに地政学上の不安要因となる。豊かな国でも社会保障制度や医療制度がきしみだし、世代間の緊張が生まれている。国連は、こうした人口動態の変化にどう向き合うのか。何をすることができるのか。“人口津波”への国連の対応について論ぜよ。」


”Demography of the world is experiencing a big structural change. While world total population is still growing, increasing number of countries are facing low fertility, rapid aging and even depopulation. Some are concerned about possible aging before societies become rich. Others are seeing continuing explosion of unemployed youth. Even in rich countries social security system is under pressure and generational conflict is on the rise. How the United Nations should cope with such demographic changes? Discuss the potential role of UN against this world phenomenon, “demographic tsunami”.


応募要領


  • 応募論文は日本語A4用紙30頁以内、英語A4用紙20頁以内とする。
    日本語には3頁以内の要約、英語は2頁以内の要約を付ける。
  • 応募論文の表紙として、寄稿者の氏名、年齢、性別、国籍、住所、および電話番号/ファックス番号とメールアドレス、この応募を知ったきっかけを明記する。
  • 論文は未発表のものに限る。他の著者、論文を引用した場合は出典を明記する。
  • 応募原稿は返却致しません。また、応募規程に反した原稿は失格とします。
  • 送付方法は、電子メール添付ファイルにてのみ受け付けます。
    論文ファイル名はご自身のお名前(半角英数)にし、全て1ファイルにする。
    提出期限は2017年3月31日24:00(日本時間)です。
    送付先メールアドレスはessay@satoeisaku.com
  • 最優秀賞には50万円、優秀賞には20万円、佳作には5万円が賞状とともに贈呈されます。受賞者は2017年9月に発表し、授賞式は国連大学で行う予定。
  • 受賞論文は財団ホームページで公開。


お問い合わせ先:
佐藤栄作記念国連大学協賛財団(メールアドレス:sato.eisaku.mf@unu.edu