第31回「佐藤栄作賞」論文

「佐藤栄作賞」は、故佐藤栄作元総理大臣が1974年に受賞した、ノーベル平和賞賞金を基に設立された「佐藤栄作記念国連大学協賛財団」事業の一環として行われている国際コンテストです。同賞は1980年に創設され、1990年以降毎年開催されています。
第31回「佐藤栄作賞」受賞者のお知らせ
佐藤栄作記念国連大学協賛財団では、第31回「佐藤栄作賞」論文を「米国と中国の間における今日の関係、並びに国際社会における両国の責任と課題等を論じたうえで、今後国連はこの2大国の狭間でどのようにグローバルな問題に取り組むべきであるか述べよ。」と言うテーマにて募集を行いましたところ、101編(日本語文20編、英文81編)の応募がございました。9月11日に開催いたしました選考委員会において、下記の通り受賞者が選定されました。最優秀賞には、賞状と賞金50万円、優秀賞には、賞状と賞金20万円、佳作には、賞状と賞金5万円が各受賞者に贈られます。
第31回「佐藤栄作賞」受賞者
氏名 年齢 職業(学校名・勤務先)
最優秀賞 K.A. Sandunika Hasangani 25歳 東京外国語大学大学院
総合国際学研究科
国際協力専攻平和構築・紛争予防
専修コース
佳作 岡部 貴士 38歳 有限責任監査法人 トーマツ
エンタープライズリスクサービス
シニアマネージャー
鈴木 弘隆 30歳 静岡県立大学大学院卒業生
Arpan Dahal 23歳 University of Texas at Arlington

※年齢、職業は、応募当時のものです。

受賞論文