第31回「佐藤栄作賞」募集要領のお知らせ

  • 2014年11月07日

第31回「佐藤栄作賞」論文の募集を開始しました。本国際コンテストには、国連大学と論文のテーマに関心を有する者であれば年齢、国籍、職業を問わず誰でも応募可能です。

2015年の論文テーマは以下の通りです。


「米国と中国の間における今日の関係、並びに国際社会における両国の責任と課題等を論じたうえで、今後国連はこの2大国の狭間でどのようにグローバルな問題に取り組むべきであるか述べよ。」


”Describe the current relationship between the USA and China with reference to their respective responsibilities and roles in international society. Discuss how the United Nations could work with these two superpowers in order to tackle global issues more effectively.”


応募要領


  • 応募論文は日本語(400字詰原稿用紙20枚〜40枚)または英語(3,000~6,000ワード)で、日本語には原稿用紙3枚以下の要約、英語はA4版用紙にタイプで打ったものとし、450ワード以下の要約を付ける。
  • 応募論文は同じものを4部(原本と写し3部)提出し、表紙には寄稿者の氏名、年齢、性別、国籍、住所、および(お持ちの方は)電話番号/ファックス番号とメールアドレスをもれなく明記する。
  • 論文は未発表のものに限る。他の著者、論文を引用した場合は出典を明記する。
  • 応募原稿は返却致しません。また、応募規程に反した原稿は失格とします。
  • 応募締切は2015年3月31日(当日消印まで有効)。下記の宛先へ郵送にて応募のこと。

    〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70
    国連大学ライブラリー気付 佐藤栄作賞論文賞事務局

  • 海外在住者のみ電子メールにて論文を送付することができます。送付先メールアドレスはessay@satoeisaku.com
  • 最優秀賞には50万円、優秀賞には20万円、佳作(数編)には5万円がそれぞれ賞状とともに贈呈されます。受賞者の氏名は2015年9月に発表し、授賞式は国連大学で行う予定。
  • 受賞論文は財団ホームページで公開。

佐藤栄作賞は1983年に創設され、1990年以降毎年開催されています。同賞は、故佐藤栄作元総理大臣が、1974年に受賞したノーベル平和賞賞金を基にして設立された「佐藤栄作記念国連大学協賛財団」事業の一環として行われているものです。


お問い合わせ先:
佐藤栄作記念国連大学協賛財団(メールアドレス:sato.eisaku.mf@unu.edu